POSレジなら簡単に商品価格がわかる

  • ビジネスにおけるスマホの利用の注意点

    • 一人一台が当たり前のスマホは、プライベートの趣味からビジネスにおける仕事まで、幅広く使うことが出来る総合的な端末です。
      プライベートでは気軽に使えても、ビジネスの場面では重要性が変化するので、スマホは状況に応じて上手く使い分けることが大切です。


      スマホは小型で、ポケットに入れて持ち運べるサイズですから、盗難には特に注意した方が良いでしょう。人混みが多い場所では、落とすだけでも紛失の恐れが強まりますし、一度見失えば探すことに時間が取られてしまいます。紛失を避けたり、盗難を回避したいのであれば、予めセキュリティー機能を高めておくことがおすすめです。画面のロックは基本ですが、他にもデータを暗号化したり、重要な情報は持ち出さない心構えも肝心です。

      中でもデータの暗号化は、ビジネスで神経を尖らせることが多い、情報漏えいが阻止出来る可能性を高めます。
      勿論、絶対に防げる保証はありませんが、複数のセキュリティー対策の一つに加えておけば、紛失が発生しても情報が漏洩するリスクは減らせます。
      一方で、位置追跡機能を有効化しておいたり、他の端末から探せるアプリを導入しておくことは、紛失した端末を探すのに役立ちます。



      スマホは高機能なので、結果的に欲しがる人が多く、盗難に遭う確率は高まっているでしょう。
      しかし、リスク面の懸念と同時に、探しやすい利便性も共存しますから、決してマイナスの側面ばかりに注目する必要はありません。

      むしろ、なくしても見付けやすいことは、忙しい現代のビジネスマンにとって、有利に働くメリットとなり得ます。



      また、端末の選び方に関しては、実用性重視で壊れにくく、小気味良く動作する製品が理想的です。
      趣味であれば、多少乱暴に扱い不調が発生しても、気が向いた時に修理や交換に出せます。所が、ビジネス用途では毎日の利用が不可欠なので、故障は仕事に支障を来す原因となります。



      これは、動作不良に限らず、落下や衝撃による破損にも当てはまるので、壊れにくい端末を選ぶことが重要です。
      ただ、携帯の機種は一般に、コストと軽量化が重視されていますから、基本的に優れた耐久性を求めるのは困難です。実用性重視でスマホを選びたい、でも簡単に壊れては困る場合は、保護アクセサリーの追加も念頭に置くと良いでしょう。

      収納用のケースは、落下に対する耐衝撃性が高められるので、簡単に壊れる事態を減らすことが出来ます。

      端末が厚みを増したり、持ちやすさに影響を与えることもありますが、衝撃に備える耐久性が付与可能なのは魅力的です。

      画面については、傷に強く割れにくくする、保護フィルムを貼る方法が有効な手段となります。

      後は、仕事中に集中力を高めたり、周囲に配慮する意味を含めてマナーモードに切り替える、不必要に画面を確認しないことも、ビジネスマンに共通する注意点といえます。
      機能性を考えれば、身の回りから多くの物が減らせたり、手元に様々な機能を集約する結果が実現します。
      上手く使いこなすことが出来れば、ビジネスの効率は飛躍的に上昇しますし、貴重な時間が無駄なく使えるようになるので、現代人に必須のアイテムだと考えられます。

  • 関連リンク

    • U-mobileとは、株式会社U-NEXTが提供している高速モバイル通信サービスの名称です。株式会社U-NEXTとは、株式会社USENの一事業部から自由度の高さと早いサービスを目指して2010年に独立した企業です。...

    • コントロールセンタとは、iPhoneの操作中、またはロック画面からでも簡単に色々な設定ができる機能です。iPhoneの画面最下部から上にスワイプをすると、コントロールセンタを呼び出すことができます。...