POSレジなら簡単に商品価格がわかる

  • コントロールセンタによって使い勝手が大きく変わる

    • 個人が常時持ち歩くスマートフォンの登場によって、アプリ選択などを行うコントロールセンタの役割が重要となり、使いやすいレイアウトや機能であるかどうかが、そのまま売上に関係する時代となりました。
      従来のコントロールセンタは、配電システムなどの施設のインフラを調整する操作盤や、各種計器とモニターが集約された中央管理室でしたが、IT業界では利用者が主に利用する操作画面を意味しています。
      いずれにせよ、そのシステムの設定変更や操作で重要な部分であり、インフラ系では資格を持っている専門家を対象としているから信頼性を重視した設計で、それに対して情報システムは利用者目線での使いやすさが注目されているのが特徴です。
      インフラ系では、基本的に部外者が立ち入れない区域で仕事を行うことと、ミスをした場合の影響が大きい関係から、外部からの衝撃での誤作動がない質実剛健なデザインと、間違えにくいシンプルな操作盤となっています。そして、それとは正反対の位置にある個人向け端末については、人目をひくデザイン性にこだわっており、カメラなどの多機能を搭載しているマルチデバイスです。特に、スマートフォンは画面へのタッチで操作することが多く、コントロールセンタのデザインは、より直感的に行える方向へと進化しています。



      画面を指でなぞるだけで必要な画面をすぐに呼び出せるのも、これまでのノウハウを反映した結果です。


      主に会社で使用される業務用のシステムでは、データ入力や帳票発行を様々な人間がスムーズに行えることが必要ゆえ、導入時によく使う機能を目立つ位置に配置するといったカスタマイズを実施しているケースが多いです。

      情報システムを構築する側としては、いかにユーザーに受け入れられるコントロールセンタと、業務の工数削減や、手動で進めていた業務のデジタル化を両立させられるかがポイントとなっており、ここをITの専門知識がない方にも分かりやすく説明できるかどうかで大きな差がつきます。

      逆に、新たに情報システムを導入する側では、実際に使用するユーザーからのヒアリングや、形になった段階での試用といったプロセスが欠かせません。



      パッケージ型の業務用システムは、多くの企業からの意見を取り入れている上に、すでに導入した企業の成功事例を参考にできるので、一から構築していくのに比べて導入しやすいメリットがあります。

      デザインと機能がおおよそ決まっているパッケージ型であっても、いくつかのパターンの中から選択することや、コントロールセンタのデザインについては相談することが可能です。自社に特化したオリジナルの業務用システムの構築を依頼する場合は、できるだけ使いやすい操作画面で、なおかつ、これまでの問題点を解決できる必要があるので、業者選びから慎重に進めなければいけません。
      適切な仕様にするために、社内にシステムエンジニアを常駐させて、システム化の準備とフォローを行うのも効果的です。



  • 関連リンク

    • U-mobileとは、株式会社U-NEXTが提供している高速モバイル通信サービスの名称です。株式会社U-NEXTとは、株式会社USENの一事業部から自由度の高さと早いサービスを目指して2010年に独立した企業です。...

    • カードローンを利用する方の多くは緊急でお金が必要なケースが多いです。今すぐにお金を工面したい!とにかく急ぎでお金が必要!という方が多く即日融資のサービスを求めている方は少なくありません。...